ふーなの日記

通信制高校に通う高校生です。統合失調症を抱える家族がいます。

安心した日

今日は面会を行うことができました。

姉の様子は落ちついていて、先日のことを気にしていて母に「この間は本当にごめんね。仕事大丈夫だった?」と心配してくれていました。。その様子を見て少しホッとしました。


姉と面会をする前に師長さんから土曜日のことについてお話を伺いました。

師長さんは「あの子はいい子だから逃げてやろうと思って遠くに行ったわけじゃなくて、突然、突発的に道がわからなくなってしまって遠くに行ってしまったんだと思うよ。」と言って下さって

姉自身も「道がわからなくなって焦ったよ〜(-。-; 」と言っていました。

徘徊をしているときは何も記憶がないので、全く症状が安定していなかったわけではなかったんだねと母と話していました。

あと、師長さんが「今日、職場の看護師に少しでも様子がおかしかったら、いくら本人が外出したいと言っても出させてはいけないと伝えました。ときには本人を落ち着かせたり、納得させられるような演技をすることも必要だよということも言いました。」と仰っていました。

姉のことを見つけて下さったのが、病院の看護師さんでその日はお休みでお孫さんと歩いていたところ、たまたま姉のことを見つけて頂いたそうです。

本当にその方には感謝の気持ちでいっぱいですm(_ _)m

お話を聞いて姉と少し話をして、お菓子や漫画を渡してから帰りました。

帰り道に母と「半年立ってやっと対応してくださったね(⌒-⌒; )」と話していました。

でも姉の病気の症状だったりをわがままだったり自分勝手などと言わずこの子はいい子だよ、、

と言って下さったのは本当に嬉しかったです(。-_-。)

以前入院していた病院では姉の症状を「こういう性格だったんじゃないか!?」と言われたことがあり、まだ自分は小さかったですが小さいながらもとてもショックだった覚えがあります。。

姉はほんとは優しい良いお姉ちゃんなのに、なんでそんなことお医者さんが言うんだ、、と思いました。

入院してしばらく立って大分回復したときに姉の様子を見てやっぱり病気の症状だったんだ、というようなことを両親に対して言っていたそうで、今思うと精神科の知識を持っている先生がなぜそんなことを言うんだ!!と怒りしかないです。。


今の病院は患者さんに対して心ない対応をされる方もいますが、大切に思って真剣に考えてくださる方もいるのでありがたいなあと思います。。


姉の症状が少しずつよくなっていくことを心から願っています。